顔がたるむ原因と対策

顔のたるみが目立ってくると、引き締め効果が高い方法を求めて、顔全体のシェイプアップをしたいと考える人は多いんじゃないでしょうか。

 

顔のたるみが目立つようになると、実年齢より年をとって見えますので、顔の皮膚の引き締めは本当に大事です。

 

皮膚がたるむのは、肌をハリのある状態に保つための筋力や、肌のもちもち感がなくなってしまうためです。

 

年をとると、皮膚のしわが重力に引かれて落ち、たるみがましてくることは、見た目も悪くなるので気にかけていると思うんだけど、目じりや目元が下がってきて、頬がたるんでくる原因は重力だけでは無く、実は他の理由もあったのです。

皮膚のたるみは表情筋の衰え

たるみは、皮膚を支えている表情筋の力が弱まって、皮膚を引き上げていられない状態の事を言います。

 

もしも、顔に触れてみた時に、固く強ばっている所があれば、それは表情筋の衰えかもしれませんので注意してください。

 

一旦は固くなってしまった場所をどのように柔らかくするのかが、顔の引き締めでは重要な項目。

 

でも、マッサージの知識も無い人が、自分でオリジナルのマッサージを行う場合、狙った場所を確実に揉みほぐすことはとても難しいですし、顔全体を引き締めるには、全体的にマッサージを施す必要があります。

 

無理なマッサージをすると逆に肌にダメージを与える場合もあるので、知識がないなら、いっそやらないほうが良いかもしれません。

 

実年齢以上に年をとって見えることを気にしているなら、口を動かすエクササイズをして表情筋を鍛える方法が最も手軽で効果的。

 

口の形を意識しながら、「あいうえお」と声を出さなくてもいいので、やや口のまわりに力を入れて繰り返します。

 

口の形をしっかり変えながら行うことで、口回りの運動をすることができますので、顔の筋肉を多く使うようになっていきます。

 

自宅でも毎日簡単にできる事なので、たるみが気になったら今日からはじめてみましょう!

「どろあわわ」の成分は? 口コミ評価は?
「どろあわわ」の魅力とお得情報を公開中!