正しい洗顔の方法を知ろう

洗い上がりがキュッキュッとさせる方が汚れが落とせるような気がしたり、汚れをしっかり落としたいからと手でゴシゴシこすり洗いをしたり。

 

すすぎはシャワーなど勢いのある水流でサッパリと洗いあげるやり方は実は間違っています

 

洗い上がりがキュッキュッってするのは、洗顔料に含まれている成分と水道水に含まれているカルシウムが結びついて生まれたキュッキュッとする物質が肌に吸着しただけのもので、汚れが落ちたサインではないんです。

 

また、こする洗顔は皮膚の構造を壊す原因にもなり、肌荒れの原因にも繋がります。

 

洗顔、みなさんどうされていますか?

  • 今流行の洗わない洗顔
  • 水だけ洗顔

色んな洗顔方法が出回っていますが、なんだかんだでやっぱり泡洗顔が一番美肌の近道だと思います。

 

では、正しい洗顔というのはどのような方法で行うのが良いでしょうか。

洗い上がりのポイントはたっぷりのもっこもこの泡

洗い上がりはしっとりとしている位が理想と言えます。皮脂をきちんと落とせる洗顔料を選ぶのもポイントです。

 

洗顔のポイントは、たっぷりの泡でお豆腐を洗うようなイメージで、優しく洗うことです。

 

空気を含ませながら泡立て

まず、手を洗います。手の汚れや雑菌を落とす為です。

 


自分の気に入ったものをチョイスしてくださいね。泡立てネットを用意したらいよいよ洗顔。

 

ネットがあればある程度どんな洗顔フォームでも簡単にもっちり泡が作れますし、私はいつもより少しだけ多めに出して、もっこもこの泡を作るのが好きです!

 

へたってしまった泡で洗うと手と泡のクッションが無くなり摩擦で肌を痛めて乾燥肌の原因にもなります。

 

そして顔を濡らし、手のひらに洗顔料を出します。泡立てネットやスポンジを使用すると簡単に泡を作れます。石鹸の場合は、両手に溶かし出し、少しずつぬるま湯を足して空気を含ませながら泡立てます。

 

小さな卵2つぶんくらいの泡を作ります。この泡をクッションにして、肌と指が直接触れないように泡を転がすように優しく。

 

たっぷりの泡で優しくなでるように顔全体を洗います。小鼻葉指の腹を使って優しくマッサージするように洗いましょう。ちゃんと泡立てた泡は密度が高いので簡単にはなくならないので、力を入れなくても大丈夫です。

 

皮脂の多い額から鼻にかけてのTゾーンと小鼻周り、顎先をくるくると小さな円を描くように汚れとなじませていきます。

 

泡立てるのって面倒だな〜、ちゃっちゃと済ませたい。って思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。いつもの洗顔に数十秒だけ頑張ってもらえるだけで十分、もっちり泡が作れますよ!

 

手で泡立てるのはコツが要りますので、便利な泡立てネットを使うと良いでしょう。今は100円ショップでも売られているので手軽に購入できますね。

 

水に近いぬるま湯がベスト

優しく洗い終わったら、洗い流す時は丁寧に洗い流しましょう。髪の毛についた泡もしっかり流します。残しておくと肌荒れの原因になりますので要注意

 

次に、頬からあごにかけて泡を転がすようになじませ、最後は目元と口元を優しくなじませて行きます。

 

そして、人肌くらいのぬるま湯で素早く丁寧に流します。10回もすすけばOK。ぬるま湯の温度は35度くらいが目安となり、水に近いぬるま湯がベストと言えます。

 

暑すぎるお湯で洗うのも乾燥肌の原因にもなりますので、出来るだけぬるま湯で洗顔しましょうね。

 

洗い終わったら、柔らかく清潔なタオルでそっと水分を吸い取るように軽く押さえます。

 

お肌をこする方が汚れが落ちやすくなるような気がしますが、泡立てた洗顔料や石鹸を肌につけるだけで、泡の吸着成分が汚れを落としてくれます。また、肌へのダメージも防ぎ、肌荒れしにくい美肌を目指せます。

 

しっかり泡を洗い流したらタオルで押さえるように優しくふき取ってくださいね。いつもとは違う自分の肌に思わず触っていたくなること間違いなしです。

本格的なふわふわの泡洗顔の方法


私はあまり肌がきれいなほうではなかったのですが、以前通っていた専門学校でエステの授業があり、そのときに正しい洗顔の方法を教わりました。

 

その前まではチューブからだした洗顔フォームを、手のひらに伸ばしてただ適当に洗っていましたが、そんなやり方なら、ぬるま湯で濯ぐほうがマシだ!と言われたんです。

 

教わったやり方は小指の第二関節くらいまでチューブから洗顔フォームを手のひらにだして、泡立てネットが無い場合はそのまま使わずに泡立てる。

 

ちなみに、泡立てネットは手軽でいいですが、泡が粗いので無しでも良いです。

 

洗顔フォームが付いている手のひらのを少しお椀のようにすぼめて、そこに少しの水をたらし、優しく泡立てていきます。ある程度泡立ったらまた同じように水をたらす。

 

というのを3回ほど繰り返すと手のひらをひっくり返しても泡が落ちないくらいモチモチになります。それを顔にのせて、小指の腹でやさしく顔を洗います。

 

小指の腹で洗う理由は手の指や手のひらだと刺激が強すぎるので、力が入らないようにやさしく洗うためです。ひたすら洗い、もういいだろうという所で、手のひらにぬるま湯をためて洗い流します。

 

きれいに流し終わったらぬるま湯より冷たいくらいの水で10回顔を洗い流します。

 

タオルで優しく拭いて、化粧水を500円玉くらい手のひらにだして、優しく肌に染み込ませるのを3回繰り返し、最後に乳液、クリームなどを顔に優しく手のひらでペタペタと塗り込んでいきます。

 

これを実践してから、肌のキメが細かくなり、テカリも気にならなくなりました。高いスキンケア用品はいりません。念入りにやることがとても大切なんだと実感しています。

 

でも、正直毎回ここまでするのは大変。

 

 

「どろあわわ」なら、泡がキメが細かく弾力がすごいので、もちもち泡洗顔がお手軽にできるので、一度試してみてはいかが。

「どろあわわ」の成分は? 口コミ評価は?
「どろあわわ」の魅力とお得情報を公開中!