ターンオーバーの早さによる違い

ターンオーバーとは肌の新陳代謝により肌が生まれ変わることを言います。

  • 皮膚は表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

という、3つのから構成されています。その中の表皮は4層構造になっています。

 

4層の中の一番下にある基底層という層の部分で生まれた細胞が形を変えながら表面に徐々に押し上げられてく中で死んだ状態になり角化細胞となります。

 

ですが、この角化細胞が新しい細胞に下から押し上げられることで表面まで上がり、最後はアカとなって自然にはがれ落ちます。

 

このサイクルを示したものが、ターンオーバーと言われています。

 

ターンオーバーの速度は体の部位で異なってきます。およそ、28日周期程度のサイクルだと言われていてます。また、ターンオーバーは個人差もあり、加齢とともに新陳代謝が低下することでそのサイクルが長くなります。

 

「自分の年齢」×1.5がだいたいのサイクルと言われていて、つまり、28日周期というのは「20歳前後の健康な方」の周期なわけですね。30代〜40代になると45日前後〜60日前後かかるのです。

 

年を重ねると傷が治りにくくなるのや、シミが沈着しやすくなるのもこのためです。

ターンオーバーは早ければ良いわけではない

では、ターンオーバーを早くすればするほど肌はキレイになるんじゃないか、と思いがちですよね?しかし、ターンオーバーは早くてもダメなのです。

 

ターンオーバーが早くなると、細胞がしっかり成長していないのに、肌のバリア機能を担ってしまうことになります。

 

先ほど紹介したように、細胞が角質層に到着する時には既に死んでいる状態です。細胞が死ぬことで肌の本来の姿になり皮膚の機能も最大限に発揮できるのです。

 

これがターンオーバーが早くなると細胞がまだ生きている状態のまま角質層に到着してしまいますので、肌のバリア機能が低下し、乾燥肌や敏感肌を引き起こしてしまうのです。

 

ターンオーバーが早まる原因は間違ったスキンケア法により肌にダメージを与えているからと言われています。

 

ストレスや日焼けも原因の一つです。

 

洗顔をしすぎ、ゴシゴシ洗いすぎ、自分に合ってないスキンケア、角質ケアのやりすぎもターンオーバーを早めてしまいます。

 

ターンオーバーを早まるのを防ぐ為には正しい洗顔、スキンケアを実施するようにして下さい。

 

良かれと思ってやっていることが悪循環となっていることもありますので、しっかりと正しい方法でケアすることが大事です。

「どろあわわ」の成分は? 口コミ評価は?
「どろあわわ」の魅力とお得情報を公開中!