脂性肌と乾燥肌の違い本当にわかってる?

まず、脂性肌とは皮脂が必要以上に(過剰に)分泌されている状態の肌のことを言います。

 

つまり、肌に「油分」が多い状態です。

 

次に乾燥肌とは肌の水分量が30%以下になっている状態で、水分が油分のどちらかが不足。または、両方が不足してる状態のこと。

 

乾燥肌だと思っているが顔がテカると感じたり、脂性肌だと思っているが顔がつっぱっているなと感じたりと、乾燥肌と脂性肌は違いがあるように見えて結構間際らしいです。

 

顔がテカるから脂性肌と思っている人も多く、間違っている可能性もあるので注意しなければなりません。

 

では、どのような特徴があるのか紹介していきたいと思います。

 

<乾燥肌>

主な特徴として、

  • カサカサする
  • 白い粉がでる
  • 洗顔後に肌がつっぱる
  • メイクのノリが悪い
  • 化粧崩れをする

などと、これ以上にも特徴はありますが、乾燥肌の可能性が高いと言うだけであって、当てはまるから私は乾燥肌だ!と、決めつけられるわけではないのですよね。

 

原因は気温や湿度、季節、体調、加齢や遺伝的なもの、ストレスや病気など様々で特定するのは難しいです。

 

では、対策ですが化粧水や美容液で肌に水分を与え、保湿するようにして、乳液やクリームで水分が逃げないように蓋をするといいです。

 

また、部屋の湿度の調整をしっかりすることや、栄養や水分を摂るのも大事です。

 

<脂性肌>

主な特徴として、テカりがある・ベタベタする・スキンケア後にベタつく・ニキビができやすい・メイクのノリが悪い・化粧崩れをするなどが挙げられます。

 

これも当てはまるから脂性肌だ!と言うわけではなくあくまで可能性です。

 

原因は、やはり皮脂が過剰に分泌してしまうことにあります。脂っこい食事を多く食べる人やストレスやホルモンバランスの崩れなどこちらも原因は様々です。

 

多くの10代に見られる思春期の肌荒れは性ホルモンが活発に分泌されることで皮脂線を刺激することで皮脂が過剰に分泌されることで起こるのです。

 

対策は、皮脂の過剰な分泌を抑えることです。洗顔をしっかりし、脂性肌であっても保湿はしましょう。サッパリしたものを選ぶといいです。

 

後は食生活の改善ですね。栄養をしっかりし、偏った食事はやめましょう。

正確な肌質の診断は美容皮膚科へ

ここまで原因や症状の違いについて話してきました。ある程度は自分の肌質を判断できますが、素人判断で決めつけてしまうのは、やはり怖いです。

 

あなたの肌質を特定出来ない場合は、美容皮膚科へ行ってみましょう。自分が思い込んでいるだけで、実際は間違えているケースも本当に多いからです。

 

美容皮膚科では保険が使える所もあり、皮膚科専門医が専用のスコープで診察して総合的に見てくれます。

 

その後、解決策も教えていただけるので、一生付き合っていく自分の肌の為ですし、気になったら受診してみてはいかがでしょうか。

「どろあわわ」の成分は? 口コミ評価は?
「どろあわわ」の魅力とお得情報を公開中!