洗顔石鹸と洗顔フォームの違い


洗顔石鹸と洗顔フォームの違いってご存知ですか?

 

私は、洗顔石鹸は昔ながらの固形の石鹸の事で、洗顔フォームはチューブの物やプッシュ式の物と思っていました。

 

案外この様に思われている方っているのではないでしょうか。

 

実際に調べてみると、この2つの違いは見た目で決めるものではなかったのです。

 

違いを簡単に言ってしまえば、配合「成分」が異なります。見た目が違うので、成分も違うのかと思われますが、固い固形の物でも石鹸ではない商品もあるのです。

 

逆に、クリーム状でも石鹸とは言えない商品も存在します。ちょっとややこしいですよね。

「界面活性剤」の種類


この違いを分けているのが、使われている界面活性剤」の種類です。

 

あなり聞きなれない成分ですが、界面の性質を変える性質を持っています。通常水と油は混じり合いませんが、この界面活性剤は水と油の両方に馴染みやすい性質を持っている為、混じり合わせる事が可能になります。

 

界面活性剤にも種類があり、作られた物が「合成界面活性剤」になります。

 

合成界面活性剤配合を洗顔フォームで、それ以外を石鹸と言うみたい。

 

この成分は、肌に悪いと聞いたことがあるのですが、調べてみると合成界面活性剤が肌に良くないらしい。

 

なんでだろう?と思ってもっと調べてみたら、洗剤に使われている成分が合成界面活性剤でした。

 

この洗剤、指がパックリ割れを起こしたりと、手が荒れたり湿疹が出る経験がある人も多いのではないでしょうか。私も洗剤を使うとすぐに荒れるので、食器洗いだけはいつも旦那に任せています。

 

調べた結果、洗顔フォームは洗浄力が強く汚れを落とすものの、肌に悪い事がわかりました。

 

顔を洗っているつもりが、肌に本来必要な成分までも落としてしまう可能性があるので怖いですよね。

 

最近では香り成分なども配合されて、ますます洗い上がりが気持ち良い商品も増えていますが、それに騙されないようにしたいものです。

 

肌のことを考えるなら、「石鹸」と書かれている商品を選択するのがお勧めです。

「どろあわわ」の成分は? 口コミ評価は?
「どろあわわ」の魅力とお得情報を公開中!